技術情報
Technical Information

常に探求する精神
鋳物を造り続けて65年余り。光生アルミは会社発足当初より素形材部品を造り続けております。近年主力製品となっております自動車部品は年々、軽量化・高精度・低コスト化など求められるものが高くなっていますが、光生アルミはこれまで培ってきた技術を活かし、お客様のニーズにお応えしていきます。

自動化生産システム

ターンテーブル鋳造方式は
多品種小ロット向けにも最適な鋳造方法です。

  • 移動時間=凝固時間 給湯位置から取り出し位置へターンテーブルが移動するまでに凝固が完了する。
  • ターンテーブルの図

円盤状のテーブルに、複数の鋳造機を載せて鋳造する方式。
給湯、取り出しが別になっており凝固時間を利用して他の金型の作業を行うことができる。
これにより1人の作業者で多くの金型を順次に作業できるほか、時間当たりの生産性を向上できるメリットがある。

スーパーフォーミング

  • フローフォーミングの図
  • 「スーパーフォーミング」製法は、CAE強度解析により適材適所のバランスを考え抜いたディスク設計に加え、SLAP工程(高速凝固と高速熱処理を可能とする独自ライン)を経て生み出される素材に、塑性加工を施すことで鍛造に匹敵する強い金属組織構造になったリムを、併せ持たせるものです。

薄肉中空形成

  • 船外機用部品エキゾーストパイプ 二輪車用部品フレームハンガー
  • シェル中子を使い、中空薄肉鋳物を形成できるアルミ鋳物の表面が綺麗で精度の良い均一な鋳造が可能になり、自動車部品の中空軽量化に貢献している。

CAE技術による製品の最適設計

  • 流動解析、凝固解析の図
  • 流動
    ・金型内部の充填過程を可視化
    ・湯回り不良、湯境い欠陥やガス巻き込み予測
    (充填状態・時間表示、温度分布表示、圧力変化曲線、速度ベクトル表示、充填時間表示)
    凝固
    ・鋳造品内部の引け巣欠陥予測
    ・凝固現象の可視化
    (温度分布表示、引け巣欠陥・・・温度勾配、G/√R凝固過程)

ハイブリッドスクイズ

  • 引張強度のグラフ
  • ハイブリッドスクイズは、低圧鋳造と高圧鋳造を組み合わせた鋳造法です。

    • ▼独自の給湯方式により介在物等の少ない高い品質を実現
    • ▼結晶粒の微細化により高強度・強靭な組織が得られる
    • ▼高圧鋳造並みの鋳造サイクルにより高い生産性を実現(低圧鋳造の2倍以上)
    • ▼設備がコンパクト(高圧鋳造の1/4~1/5程度)
    • ▼優れた高度特性の部品を低コストで生産出来る
  • ハイブリッドスクイズの図
  • 基本工程

    • ①低圧給湯方式による溶湯充填
    • ②金型湯口を塞ぎ、高圧によりセンターと局部を加圧
    • ③金型開放、素材取り出し

摩擦撹拌接合技術(FSW)

  • FSWの図
  • 摩擦攪拌接合(FSW)は、溶融溶接と比べ入熱量が少なく短時間で接合でき再現性が高く、人にも環境にもやさしい接合です。次のような特徴があります。

    • ▼接合用の入熱量が少ないため、接合される部品の熱歪みによる変形がほとんどない
    • ▼固相接合のため、基材溶融によるブローホール割れ等の欠陥が発生しない
    • ▼摩擦による結晶粒の微細化および均一分散鋳造欠陥の消失等により機械的性質が向上
    • ▼接合が難しいとされる異種金属を接合する事が出来る

    私たちは摩擦撹拌接合(FSW)の応用技術により、これらの特徴を活かした付加価値の高いアルミ部品づくりに取り組んでおり、幅広いニーズにお応え致します。